幸せホルモン・セロトニン

「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニン/

「幸せ」と聞くと、体に良い・たくさんあれば良いと思いがち。ところが、体内のセロトニンが多すぎても悪影響を及ぼすことがあります。なんでもほどほどが1番!って話です。

ストレスがかかると放出されるノルアドレナリンは、自律神経に働きかけて心拍数を上げたり、血液量を増やしたりして、活動しやすい状態をつくる。
一方、ストレスになるようなツライ状況を乗り越えたときの達成感、うれしい気持ち、快感をもたらすのがドーパミン。

2つをコントロールして、気持ちを安定させるのがセロトニン。

①ノルアドレナリン

(体内で代謝してアドレナリンへと変わる)
血圧を上げ、集中力・積極性・緊張・不安をもたらし、活動しやすい状態にしてくれる。ストレスに勝とうとする時に出てくる。
●不足
無気力、意欲減退
●過剰
攻撃的・ヒステリー・パニックになりやすくなる。

②ドーパミン

意欲・喜び・快感(辛い状況を乗り越えた時の達成感など)をもたらしてくれる。
●不足
無気力、性機能低下、運動機能低下
●過剰
快感への欲求が止まらなくなり、過食・買い物やアルコール等の依存になりやすくなる。

③セロトニン

ノルアドレナリンとドーパミンが過剰にならない(暴走しない)ようコントロールし、心の落ち着きや安定をもたらす。
●不足
体温調節が苦手になる
血管の太さの調節が苦手になるので血圧の変動や血管性の頭痛を引き起こす
腸の動きが悪くなるので下痢や便秘が起こる
●過剰
薬剤の作用でなることがある。(抗うつ薬)
極端な過剰は自然にはあまりならないらしいが、バランスを崩すことはある。
ノルアドレナリンやドーパミンの調整がおかしくなる。
ドーパミンの代謝産物がノルアドレナリン。ノルアドレナリンの代謝産物は副腎皮質で代謝変化によりアドレナリン。ノルアドレナリン量が過剰になると、不安や恐怖、焦燥や取り乱す状態が出現し、代謝物であるアドレナリンも増えることで、頻脈や冷や汗などが出現し、その不安や焦燥は助長されることになります。

ストレスに打ち勝つためにノルアドレナリンとドーパミンが働き、この2つのホルモンを上手く調節してくれるのがセロトニンですが、バランスは大事です。
ストレスによる心身のダメージを減らすには、それぞれの脳内物質のバランスが大事。腸内環境を整え、調整役のセロトニンには程よく頑張ってもらいましょう。

鍼灸・整体freshgreen (完全予約制)
お問い合わせはLINE、DMが便利です。
@576xqjth