鍼療法の効果機序

神経、循環、免疫の複合的な影響

鍼療法は古代中国から始まり、現代でも広く利用されている伝統的な治療法です。その効果機序にはさまざまな要素が絡んでおり、神経、血液循環、免疫系などに影響を与えるとされています。

神経系への直接的な影響

特定の経絡やポイントに鍼を刺すことで、神経終末に刺激が伝わり、中枢神経系に信号が送られます。これにより、痛みの伝達を抑制すると考えられています。同時に、鍼の刺激が神経伝達物質の放出を調整し、神経活動を正常化するとされています。

血液循環の改善も鍼の重要な効果機序

鍼の刺激により、血管が拡張し、血液の流れが促進されます。これにより、組織への酸素や栄養分の供給が増加し、同時に老廃物の排出が促進されます。血液の循環改善は組織の修復と再生を促進し、炎症の軽減にも寄与します。

炎症の抑制

鍼が免疫系に影響を与え、炎症反応を調整することで、炎症を鎮める作用が期待されます。これにより、慢性的な痛みや炎症性疾患の症状が緩和される可能性があります。

筋肉の緊張緩和

特定の筋肉に鍼を刺すことで、筋肉の緊張が和らぎます。これにより、筋肉の硬直や痛みが軽減され、運動機能が向上する可能性があります。

脳内物質の放出

鍼が脳内でエンドルフィンやセロトニンなどの快感物質を放出させることで、痛みの軽減やリラックスが生じます。これは心身のストレスや不安を軽減し、全体的な健康をサポートする役割を果たします。

総じて、鍼療法の効果機序は神経、循環、免疫など複合的かつ相互に関連する要素が絡み合っています。
お身体の状態によって即状態が変化する方、一日ほど置いてから変化する方。など様々です。なるべくわかりやすく説明いたしますので、相談しながらお身体を改善していきましょう!