ツボの話

ツボとは?

ツボは、伝統的な東洋医学で広く用いられている経絡上にある場所です。体表面に存在する特定のポイント(ツボ)を刺激することで、気の流れを調整し、体調を整える効果があります。厚生労働省は、ツボ療法を補完的・代替医療として認識しており、一部の症状の改善に寄与する可能性があるとされています。

ツボの選定と自分での刺激方法

  • ツボは経絡(けいらく)と呼ばれるエネルギーの通路に沿って配置されています。押して気持ち良いところは正解(痛すぎる場合炎症部位の場合もあるので気を付けましょう)だと考えて、自分でお身体の色々な場所を押してみましょう。
    やり方:指の腹を使い垂直に押してみましょう。指は親指が使いやすいですが、場所によって自由に変えてOKです。押す強さは気持ちいいくらいしましょう。1日4~5回を目安に、ゆっくりと押してみましょう。

科学的根拠と安全性

  • ツボ療法の科学的根拠は限られていますが、一部の症状に対して有効である可能性があります。個人差があるため、自己判断で行う際は注意が必要です。
  • ツボ療法は一般的に安全であり、副作用は少ないとされています。妊娠中や特定の疾患を抱えている場合は施術者に相談すると、使ってよいツボを使用しての施術をしてくれます。

具体的な効能

  • 頭痛、肩こり、腰痛、不眠症、ストレスなど、さまざまな症状に対してツボ療法が試されています。具体的なツボの選定は、専門家の指導を仰ぐことをおすすめします。

ツボ療法は、健康管理の一環として活用できる方法ですが、個々の状態に合わせて選択し、適切に行うことが大切です。


: 厚生労働省「補完代替医療」に関する情報
: 厚生労働省「補完代替医療に関するQ&A」
: 厚生労働省「補完代替医療に関するQ&A」
: 厚生労働省「補完代替医療に関するQ&A」
: 厚生労働省「補完代替医療に関するQ&A」