マイクロカレント治療とは

マイクロカレントは、スポーツの分野で広く利用されており、プロスポーツ選手やアスリートの治療にも使われています。

マイクロカレントが効く仕組み

筋肉疲労や痛みが改善していくには、良好な血流循環が大切です。
筋肉が疲労・損傷して血流が滞ると、全身に酸素や栄養を届けられなくなり、新陳代謝が滞り細胞の生まれ変わりが遅くなります。また、老廃物や疲労物質が体内にとどまるため、結果的にさまざまなお身体の不調を招く原因となります。
マイクロカレントは、μA(マイクロアンペア)という単位の極めて弱い電流を使う治療法です。低周波治療などに用いられる電流の単位がA(アンペア)であるのに対し、マイクロカレントで使用されるのは、μA(マイクロアンペア)で、1Aのわずか100万分の1程度の強さしかなく、触ってもほとんど刺激を感じません。
マイクロカレントが他の電気療法と異なる点は、電気的な刺激をほとんど感じないほどの微弱な電流なので、神経や筋肉を興奮させないところです。そのため、ケガをした直後の痛みや、トレーニング後のコンディショニングケアにも使用できます。電気治療独特のピリピリした感覚もないため、電気の刺激が苦手な人も治療が可能です。
マイクロカレントが筋肉疲労や痛みの緩和に効くメカニズムの全容はまだ明らかになっていませんが、新しい治療法として研究が進められています。
骨折後の疼痛軽減速度は、理学療法のみと比べ6割ほど早く軽減していくことが実証されています。これはマイクロカレントによりマクロファージから成長因子やサイトカインが多く放出されることでが多く集まってきていることによると考えられます。

参照J-stageHP