仮性アレルゲン、というのをご存知ですか

食物アレルギーは、ある食品を食べた事により体が免疫反応を起こして化学物質を放出し、その結果として、アレルギー症状が出る事を言います。
一方、仮性アレルゲンは、その食品自体にアレルギーの時と同じ症状を引き起こす化学物質が含まれていて、それが直接体に作用します。

言い換えると、

・食物アレルギーは、食べ物をきっかけに自分の体が化学物質を作り出して症状が出る

・仮性アレルゲンは、食べ物に含まれる化学物質によって症状が出る

ということです。

仮性アレルゲンとなる化学物質と、含まれている食品

○ヒスタミン(かゆみ、むくみ、蕁麻疹)
ほうれん草、なす、トマト、えのきたけ、たけのこ、さといもチーズ、そば、牛肉、馬肉、とうもろこし、など

○セロトニン(平滑筋の収縮、血管の収縮)
トマト、バナナ、キウイフルーツ、パイナップルなど

○アセチルコリン(自律神経失調、血管の拡張、気管支収縮=喘息症状)
やまいも、なす、トマト、たけのこ、里いも、クワイなど

○チラミン(血管収縮、血圧上昇、頭痛、動悸、発汗、吐き気・嘔吐)
チーズ、チョコレート、アボカド、バナナ、ナス、トマト、鶏レバーなど

○トリメチルアミンオキサイド(アレルギー反応を悪化させる)
カレイ、鱈、スズキ、イカ、エビ、カニなど

○サリチル酸化合物(アレルギー反応を悪化させる)
トマト、きゅうり、じゃがいも、いちご、りんごなど

仮性アレルゲンによる症状は、用量依存性があります。
つまり大量に摂取したときに症状は強くなること、アレルギー症状は毎回は起こらないことが特徴です。

加熱すると症状が出にくくなることが多いので、加熱・湯切り・あく抜きなどの加工をしっかり行い、少量ずつ摂取することで、強い症状が出るのを防ぐことが多いです。

またアレルギーはお身体の免疫機能が低下して発症しやすくなることがあります。

疲れがたまっている

ストレスが多い

寝不足

病み上がり

こんなことがあると、いつも食べているものでもアレルギー症状が出ることがあります。
そのような状態を脱却するためにも、鍼灸マッサージや筋膜リリースをして健康な体作りをしていきましょう。

早めのケアは良い状態を維持するポイントです!

ちなみに個人的な状態確認は・・・

一口目のビールがおいしく感じるか否かですww

これが美味しくない時には身体に何かマイナスな状態が起こっています。

皆様の日々の身体のサインを見逃さず早めに対処していきましょう!

関連記事

  1. 大胸筋ストレッチ

  2. ミカンでビタミンC&A補給

  3. 広背筋ストレッチ