ストレス太り

腰痛

ストレス太りは食べ過ぎが原因なだけじゃなかった

ストレスが加わるとストレスホルモン(コルチゾール)というものが分泌されます。
コルチゾールが慢性的に分泌過剰になると、動脈硬化を進行、骨粗しょう症を悪化、免疫力を低下させます。
またコルチゾールは脳の海馬にダメージを与え、記憶力や認知機能を衰えさせます(神経年齢の老化)。
脂肪細胞にあるレセプターがコルチゾールの刺激を受けると、細胞が脂肪を溜め込むようになります。

従って同じ量の食事をしたとしても、イライラしている人の方が、リラックスしている人よりもぐんと太ってしまいます。
こうして蓄積した脂肪が糖化のターゲットになり、炎症を広げ、メタボリックシンドロームの温床となるのです。
日々の生活で、ストレスのない方はいないと思います。
しかし、せっかくの食事で無駄に太るのももったいない。
食事の時間くらいは楽しく笑顔で食べましょう。

ストレス発散に当院のケアメニューはいかがですか?
マッサージ、整体含め、筋膜リリースなど多様なメニューでお待ちしております。

関連記事

  1. 幅広く存在する三叉神経

  2. 大胸筋ストレッチ

  3. 深呼吸

    胸式呼吸&腹式呼吸その2