セルフメディケーション税制

特定の医薬品購入額の所得控除制度のことです

セルフメディケーション税制(特定の医薬品購入額の所得控除制度)は、医療費控除の特例として、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

ドラッグストア等で医薬品を購入する際に、セルフメディケーション税制対象商品であるかの確認や、レシートの保存を行いましょう。
世帯での年間購入額が1万2000円以上の場合、セルフメディケーション税制の利用が可能です。※レシートを紛失した場合、店によっては再発行が可能ですので、購入した店舗にご確認ください。

医療費控除を行っている場合、セルフメディケーション税制は申告できません。どちらか片方のみ申告ができます。
医療費控除について ⇦国税庁HP

自分の健康は自分で管理。未病の段階でのケアも非常に大事です。
ただし、意地を張って病院に行かないのも危険です。少しでも不安があれば病院で先生に相談しましょう。

関連記事

  1. ビタミンA

  2. ミネラル セレン

  3. ミネラル クロム