僧帽筋ストレッチ

★やり方★
(右側を伸ばす場合)
①椅子に座り、背中側で左手で右手首(手の甲が背中側)を持ちます。
②首を左に軽く倒します。
③右手を左手を使って引き寄せます。伸びてきたら固定して右側をなるべく脱力しましょう。
④深呼吸しながら10秒ほどやればOK。反対も同じ要領で伸ばしましょう。

大きい筋肉なので血流回復するとスッキリするし、首周りにも効くので頭痛の軽減効果もあります。

※鉄則として痛みが出るまでやらない。気持ちよく伸びる範囲まで。痛みの出る姿勢なら無理しない。
ということは守ってください。
無理やりやると逆に痛めちゃいます。

関連記事

  1. 聴覚と平衡感覚の聴神経(内耳神経)

  2. 加熱済みの食品も完ぺきではない

  3. ナイアシン