自然毒 うなぎ編

フグほどではありませんが、私たちに身近なウナギも毒を持っています。
ウナギは蒲焼きなどで食べる機会も多いことから、たいていの人は無毒だと思っているのではないでしょうか。
実は、ウナギは血液や口にたんぱく質性の毒を持っており、血液が人間の眼や口に入ると強い痛みを感じます。
生で体内に入ると下痢や吐き気などの症状が出ます。
ウナギの刺し身がないのはそのためです。
しかし、この毒は加熱することで無毒になるので、蒲焼きなどならまったく心配ないというわけなのです。

栄養価の高い食材となりますので、正しく食べて元気に過ごしたいものです。

東急東横線 都立大学駅から徒歩一分
「完全予約制」・鍼灸・整体 fresh greenがお手伝いいたします
《営業時間》
(月から金)8時30分〜19時最終受付
19時までにご来院いただければOK🙆‍♀️です
(土)8時30分〜14時最終受付
14時までにご来院いただければOK🙆‍♀️です
(日)お休み

お問い合わせはLINE、DMが便利です。
LINE @576xqjth
都立大学 #目黒区 #自律神経 #お灸 #整体 #眼精疲労 #マッサージ #自由が丘 #鍼灸 #肩こり #個室 #予約制 #頭痛 #腰痛 #美容鍼 #頭痛鍼 #ストレス発散 #メンテナンス #プライベートサロン #リラックス

関連記事

  1. ビタミンB2

  2. 筋肉の痛みの種類

  3. 等張性筋収縮(アイソトニック)