自然毒 バラ科編

バラ科の植物(リンゴ、ビワ、アーモンドなど)のタネ
リンゴ、サクランボ、ビワ、アンズ、ウメなどのバラ科(特にサクラ目)の果物の種子や未熟な実には、シアン化合物、いわゆる青酸が含まれています。
しかし、含まれる量はごくわずかで、うっかり1~2粒を飲み込んでしまった程度であれば問題ありません。
エッセンシャルオイルなどに使われるビターアーモンドにもシアン化合物が含まれています(加工の段階で有毒成分は除去されている)が、食用として日本に輸入されることは禁止されています。

未成熟なバラ科の実には、アミグダリンが含まれています。
果肉もアミグダリンを少量ありますが、圧倒的に含有量が多いのは胚乳です。
果実が成熟すると、アミグダリンは分解され、消失していきます。

胚乳のことを”仁(じん)”と呼ぶこともあります。
アンズの胚乳は「杏仁」、桃の胚乳は「桃仁」と呼ばれ、食材・漢方薬として有名です。

青梅(未熟な梅の実)は、果実・種子にアミグダリンを含みます。
漬けたばかりの青梅は、シアン化水素中毒を起こしやすく、浅漬けの摂食は厳禁です。
しっかり漬けた梅干しや梅酒はシアン化合物が分解されて毒性が弱くなることが分かっています。

ウメやビワの種を粉末にし「ビタミンB17」「がんに効く食品」といった種類の商品には要注意です。
粉末にすると多量摂取に繋がるので、原材料を確認して用心しましょう。
もし体調に異常を感じたら、すぐに病院に行くようにしましょう。

東急東横線 都立大学駅から徒歩一分
完全予約制
鍼灸・整体 fresh greenがお身体のメンテナンスをお手伝いいたします
《営業時間》
(月から金)8時30分〜19時最終受付
19時までにご来院いただければOK🙆‍♀️です
(土)8時30分〜14時最終受付
14時までにご来院いただければOK🙆‍♀️です
(日)お休み

お問い合わせはLINE、DMが便利です。
LINE @576xqjth
都立大学 #目黒区 #自律神経 #お灸 #整体 #眼精疲労 #マッサージ #自由が丘 #鍼灸 #肩こり #個室 #予約制 #頭痛 #腰痛 #美容鍼 #頭痛鍼 #ストレス発散 #メンテナンス #プライベートサロン #リラックス

関連記事

  1. ミネラル モリブデン

  2. ビタミンB2

  3. 炭酸水の種類・効果