自然毒 トマト編

未熟な青いトマト
家庭菜園で人気のトマトですが、まだ熟していない青い実のまま食べるのは用心が必要です。
もともと青い品種であれば大丈夫ですが未成熟の青いトマトには、トマチンと呼ばれる神経性の毒が含まれています。

中毒となるトマチンの摂取量は25g。
青いトマト150kg分だといわれており、通常食べる分であればほとんど害はなく、健康に影響はないといわれています。
そのため、育てたものの熟さず青いままのトマトを有効活用したレシピなども数多く発信されています。
花(1100 mg/kg)
葉(975 mg/kg)
茎(896 mg/kg)
未熟果実(465 mg/kg)
熟した青い果実(48 mg/kg)
完熟果実(0.4 mg/kg)

実だけではなく、花や葉、茎にも同じ毒が含まれています。
こちらは実よりも多くトマチンが含まれていますので、うっかり口にしないように注意してください。
毒性と生体機能活性は紙一重であり、最近では毒性よりもトマチンの抗腫瘍活性、LDLコレステロール低下効果など、逆に良い効果についての報告があります。いつかは薬になっているかもしれませんね

去年これを調べる前に試しにトマトの葉を一枚食べてみました。
味はさっぱりとして青臭くなく、サラダにしてもいいと思うくらい美味しかったのです。

ただ、万が一。と思って調べたらトマチンという毒を含むことがわかり慌ててしまいました。

が、葉っぱ一枚では何も起こりませんでした。
無知とは恐ろしいもの、気をつけましょう

東急東横線 都立大学駅から徒歩一分
日頃のメンテナンスから治療まで、
鍼灸・整体 fresh greenがお手伝いいたします
《営業時間》完全予約制
(月から金)8時30分〜19時最終受付
19時までにご来院いただければOK🙆‍♀️です
(土)8時30分〜14時最終受付
14時までにご来院いただければOK🙆‍♀️です
(日)お休み

お問い合わせはLINE、DMが便利です。
LINE @576xqjth

関連記事

  1. 深呼吸

    胸式呼吸&腹式呼吸その2

  2. 喉頭の筋を支配する副神経

  3. 可動域(首)