自然毒 唐辛子編

トウガラシ
 最近、YoutubeなどSNSで「超激辛の食品を食べる姿」や「極端な偏食」な人達がいますが、真似をするには注意が必要かもしれません。

2018年4月、医学誌『British Medical Journal』が、米国ニューヨークで開かれた”トウガラシの大食い大会”で、世界一辛いといわれるキャロライナ・リーパーというトウガラシを食べた挑戦者の男性が、大会直後に激しい頭痛を訴えて病院に運ばれた症例を発表した」と米「CNN」が伝えています。 

 トウガラシが原因と思われる「可逆性脳血管攣縮症候群」であると診断されたそうです。 

 これは激しい頭痛を伴う疾患で、大抵は数日から数週間で回復するそうですが、重症化すると命にかかわることもあると伝えられています。
通常この症例で病院に運ばれるのは、通常トウガラシが原因ではなく、頭痛薬などの医薬品やコカインなどの違法薬物が関係した場合だということです。
この、トウガラシによってこの症状が引き起こされた症例は、これが初めてだったそうです。 

 トウガラシには、カプサイシンという化学物質が含まれています。
このカプサイシンには、体の特定部位の血管を狭窄させる作用があることが分かっていて、医薬品の成分としても使われているそうです。 

2014年には英国人ジャーナリストが、カプサイシンの過剰摂取によって命を落としかけるほどの重症となり病院に運ばれたことを米「NBC」が伝えています。 

 大量のカプサイシンを摂取した場合、胃の収縮を引き起こすこともあるので、激辛好きの方や大食い大会に出場する人は、十二分に注意しましょう。

東急東横線 都立大学駅から徒歩一分
鍼灸・整体 fresh green
《営業時間》
(月から金)8時30分〜19時最終受付
19時までにご来院いただければOK🙆‍♀️です
(土)8時30分〜14時最終受付
14時までにご来院いただければOK🙆‍♀️です
(日)お休み

お問い合わせはLINE、DMが便利です。
LINE @576xqjth
都立大学 #目黒区 #自律神経 #お灸 #整体 #眼精疲労 #マッサージ #自由が丘 #鍼灸 #肩こり #個室 #予約制 #頭痛 #腰痛 #美容鍼 #頭痛鍼 #ストレス発散 #メンテナンス #プライベートサロン #リラックス

関連記事

  1. ミネラル セレン

  2. 深呼吸

    胸式呼吸&腹式呼吸その1

  3. 下から喉、そして耳 舌咽神経