自然毒 ジャガイモ編

ジャガイモの芽
もっとも身近な毒としてよく知られるジャガイモの芽にはソラニンやチャコニンという毒があり、多量摂取すると嘔吐、腹痛、頭痛やめまい、けいれんといった症状を引き起こします。

農林水産省によると、ソラニンやチャコニンはジャガイモの可食部100gあたり平均7.5mg(皮周辺に集中)含まれており、体重が50kgの人だとソラニンやチャコニンを50 mg(ジャガイモ6~7個分)摂取すると中毒症状が現れ、150mg~300mg摂取すると死亡する可能性があるとしています。
ソラニンやチャコニンは表面の芽だけでなく、その芽の根元にも含まれています。
また光が当たって緑色になったジャガイモの皮にも多く含まれています。
調理の際に適切に処理すれば問題ないとはいえ、注意は必要です。
ジャガイモは長期保存できる便利な野菜ですが、芽が出たり変色したりする前にできるだけ早く食べきるようにしましょう。

同じ芋の芽なので、さつまいもの芽も毒性があるのではないか???
と思い調べてみました。

じゃがいもはナス科で、さつまいもはヒルガオ科の植物なので、同じ芋であっても植物学上の科が異なりました。
ナス科のじゃがいもの芽や緑色になった部分とは違い、ヒルガオ科のさつまいもの芽にはソラニンや、チャコニンらの毒素は含まれていないため、発芽してしまっても食べることができるとのことです。
ただ、芽が伸びてしまうとさつまいもの栄養が芽や茎に行ってしまい、さつまいもの味が落ちてしまうので、早めに食べちゃうのが正解みたいです。

東急東横線 都立大学駅から徒歩一分
鍼灸・整体 fresh greenがお身体のメンテナンスをお手伝いいたします
《営業時間》
(月から金)8時30分〜19時最終受付
19時までにご来院いただければOK🙆‍♀️です
(土)8時30分〜14時最終受付
14時までにご来院いただければOK🙆‍♀️です
(日)お休み

お問い合わせはLINE、DMが便利です。
LINE @576xqjth

都立大学 #目黒区 #自律神経 #お灸 #整体 #眼精疲労 #マッサージ #自由が丘 #鍼灸 #肩こり #個室 #予約制 #頭痛 #腰痛 #美容鍼 #頭痛鍼 #ストレス発散 #メンテナンス #プライベートサロン #リラックス

関連記事

  1. 可動域(首)

  2. 大殿筋のセルフストレッチ

  3. 腸内環境が脳に影響?